資料の紹介

 自動車産業は現在、100年に一度とも言われる大きな変革期にある。自動車産業に関わるメーカーは、研究開発を効率化、迅速化し、時代の変化に素早く対応し続けなければ、激動の時代を生き抜くことはできない。

 自動車関連企業が集積する愛知県の豊橋市にある武蔵精密工業も、そんな課題に直面している自動車部品メーカーの1つだ。同社では開発を効率化、スピードアップし、新たなイノベーションを生み出すために、製品開発を支援するデジタルプラットフォームを必要としていた。

 本動画では、実際に設計や製品開発に従事している技術者の観点から、開発支援プラットフォームを使った設計に対して期待するところについて紹介する。事業戦略を実行し、今後の競争に勝ち抜くための有効な手段として期待は大きい。今後の研究開発にどんな好影響が期待できるか。技術者が自ら語る。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。