資料の紹介

 JALグループでシステム開発・運用の中核を担うJALインフォテックは、オンプレミスのIT基盤をハイブリッドクラウドにリプレースしたのを機に、3種のクラウドで構成される新IT基盤を統合管理するためのセルフサービスポータルを導入。開発者によるリソース利用申請の手間を削減したほか、申請内容を一元管理できるようにした。

 同社はこれまでも、ITインフラ提供のスピードと品質を向上するため、仮想サーバーの仕様共通化や、プロビジョニング手順の標準化などに取り組んできた。だが、人的ミスを完全になくすことは難しく、作業の無駄も発生していた。アプリケーション開発者も、インフラの利用申請時には煩雑な手続きを強いられていた。

 本資料では、JALインフォテックがSaaS型の管理プラットフォームを導入することで、ハイブリッドクラウド基盤の運用管理をセルフサービス化した経緯を紹介する。当初はオンプレミスで内製することも検討したが、費用も時間もかかるうえに将来の変化に適応することが難しいと考え、SaaS導入を決断したという。

 

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。