資料の紹介

 アプリケーションのクラウド移行が進んでいる。イノベーションの推進、競争力強化、信頼できる適切なサービス提供などが目的だ。とはいえ、いまだ多くの重要なアプリケーションがオンプレミスで稼働している。オンプレミスがそのアプリにとって最適な環境であるとの考えからだ。

 しかし、クラウドとオンプレミスの混在環境により、管理が複雑になり手間やコストが増す、主要なシステムとアプリの統合が制限される、といった不都合が生じる。ある調査によると、オンプレミスのサーバーをモダナイズする理由として、46%の組織が「運用コストの削減」を挙げている。

 本資料では、クラウドとオンプレミスの混在に起因する不都合を解消する手段として、オンプレミスのITインフラをクラウドの利便性を享受しながら使えるようにするソリューションを紹介する。従量制課金を可能にするほか、IT環境の簡素化、制御性や即応力の向上などが期待できる。

 

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。