資料の紹介

 コロナ禍後のニューノーマル時代への対応として、多くの企業が在宅勤務やテレワークの恒常化を検討している。そのためには、働く場所を問わずに共同作業ができる情報基盤の確立が欠かせない。特に大企業では、自チーム、他部門、社外など多様なメンバーが参加するプロジェクト型の仕事でもスムーズなやり取りができる必要がある。

 今の基盤のままではそれをうまく実現できない。例えば、VPN経由で社内サーバーにアクセスしてファイルを共有するのでは、読み込みに時間がかかる。情報交換をメールに頼っていると、相手が既読かどうか分からず、閲覧確認などの無駄な手間が生じる。Microsoft Teamsなどのコラボレーションツールを使う企業も増えているが、組織横断的な利用をできているところは多くない。

 本資料では、Microsoft Teamsを組織横断のプラットフォームとして活用するアプローチを解説している。さらに、Teamsのチーム作成や管理者の変更などを自動化するツールも紹介している。情報システム部門の作業負荷を増やすことなく、プロジェクト単位でどんどんチームを立てていけるようにする方法を示す。

 

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。