資料の紹介

 産業用ロボットの導入が進んでいるとはいえ、製造業では現在も人手による作業が大きな割合を占める。人手による作業の効率化を図るために現場では、監督者が目視で作業者を監視し、作業時間を計測したり作業ミスの回数を集計したりしているが、分析には時間も手間もかかるため、監督者の負荷軽減が課題になる。

 また、作業者の動きを改善するには、無理な動きや無駄な動きを見つけ出す必要があるが、製造工程の作業は複雑で体の動きも速いため、目視による課題抽出が困難な場面も多い。作業者にセンサーやマーカーなどを付けて常時観測する方法もあるが、作業者に負荷がかかるほか、機器類を付けての作業が許されない工程もある。

 本動画では、AIにより、カメラ映像から人の骨格情報を抽出・分析し、特定の動作を自動検出する作業分析ソリューションの特徴を、実際の利用シーンや分析画像とともに簡潔に紹介する。映像から作業時間や作業ミスを自動検出し、作業分析の工程を10分の1程度に削減。短時間で課題を「見える化」することで改善サイクルを加速できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。