資料の紹介

 業務システムなどにログインするためのパスワードは、実はデータ侵害の大きな原因にもなっている。米国企業の調査によると、ハッキング関連の犯行の80%は認証情報の漏洩が原因であり、65%もの人々が同じパスワードを複数のアカウントで使い回している。

 パスワードを使わないログインの方法として、生体認証がある。しかし、生体認証ソリューションにも一元化された認証情報リポジトリが存在し、1度でも侵入に成功すれば、サイバー犯罪者はその情報を様々な攻撃に活用できる。また昨今では、新型コロナ対策として接触を伴わない「タッチレス」ソリューションのニーズが高まっているが、完全なタッチレスを実現できている生体認証ソリューションは少ない。

 本資料では、パスワードレス/タッチレスソリューションを評価・導入するに当たって重要となる指針・項目について解説する。パスワードレスの利点を享受するためには、パスワードを「使用しない」パソコンへのログインを実現するだけでなく、その先のアプリも包括したシングルサインオンによる認証が必要としている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。