資料の紹介

 新型コロナウイルスの影響で、企業は多くの業務をテレワークによる在宅勤務へとシフトさせた。その結果、サイバー攻撃者は在宅勤務者のホームオフィスを新たな攻撃ターゲットとして重要視するようになり、企業は新たなセキュリティリスクにさらされることになった。

 今回のパンデミックでは、長年指摘されながら軽視されてきたサイバーセキュリティの問題が顕在化。社内ネットワークをファイアウオールで守る従来の枠組みは時代遅れとなった。従来のセキュリティ設定や保護の仕組みも、業務に広範なサービスやプラットフォームを利用するようになった今では、適切とは言えない。

 本資料では、2021年のセキュリティ脅威について、7つのトピックを挙げて2021年のセキュリティ脅威を予測。さらに、今後の脅威や技術革新を考慮しながら、企業や組織がどのように対応すべきかを考察。4つの推奨事項を挙げている。セキュリティ対策に関わる読者なら知っておきたい内容だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。