資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大は、日本人の働き方を大きく変えた。テレワークが進んだことで、多くの人が出社せずに自宅やホテルなど、自分の都合に合わせた場所で仕事をすることが可能になった。

 一方で、メリットだけではなく、懸念点や不安・課題も明らかになってきた。テレワークは業務中の様子が見えにくいため、勤怠管理や業務状況の把握、業務成果の評価などがやりにくいといった指摘がある。また、企業の管理された社内ネットワークではない、テレワークによるインターネット接続ではサイバー攻撃による情報漏洩リスクが高い。自宅で社内資料を印刷することによる、紛失や置き忘れなどの漏洩リスクもある。

 本資料では、テレワークにまつわる課題を解決するPC運用管理ソフトウエアについて解説する。テレワーク中のPC操作をログとして記録することができるため、業務状況や労働時間の見える化に役立つという。例えば「業務時間中なのに長時間ログオフが続いていた」「深夜なのにPCが起動していた」といった、いつもと異なる様子を視覚的に把握できるため、労働時間の適切な管理に活用できるとする。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。