資料の紹介

 テレワークを阻むのが紙とハンコの存在だ。社内文書ならルールを整備すればペーパーレスも実現しやすいが、対外的な書類となると相手の都合もあるので難しい場合がある。請求書もテレワークを阻む要因の一つだ。PDF化が進んでも、紙の請求書が混在している限り、それを処理するために出社する必要が出てくる。管理も煩雑になりやすい。

 請求書は、会社の業種や規模が違っても、その内容はほぼ決まっている。デジタル化に向く文書であり、システム連携もしやすい。すべての請求書をオンラインで管理すれば、処理状況の確認や、稟議(りんぎ)、決裁、担当者のコメントなど、必要な情報とともに関係者が共有できる。請求書をスキャンしてデジタル化しなければならないが、その作業を外部のサービスに任せてしまえば、取引先の負担が増えることもない。

 本資料は、請求書をオンラインで受け取るサービスについて、3分で読める内容にまとめたものだ。テレワークの導入企業はもちろん、ペーパーレス化を進めたい企業にとっても、生産性の向上に有効な手段になるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。