資料の紹介

 暗号資産(仮想通貨)のビットコインで利用されている技術が「ブロックチェーン」だ。その応用可能性はビットコインよりはるかに大きい。データを低コストで改ざんのリスクなしに分散して保存・記録できるため、従来とは異なるシステムを可能にする。

 例えば、貸し会議室や貸倉庫、宅配ロッカーなどの電子的な鍵や施設への入退場チケットを、ブロックチェーンを使って受け渡すといった活用も考えられるだろう。ブロックチェーンを活用したアプリケーションの開発競争はすでに始まっている。それは我々の社会を大きく変えるかもしれない。

 本資料は、ブロックチェーンを活用したアプリケーションの開発で役立つサービスを紹介する。素早く実証実験(PoC)を実施できる環境や、ブロックチェーン上で管理されている鍵やチケットをQRコード化して表示するサービスを掲載している。ブロックチェーンを活用した事業を検討しているなら、目を通しておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。