資料の紹介

 今回のコロナ禍では、製造業の現場も、サプライヤーからの部品調達の遅れや顧客からの注文取り消し、納品時期変更など、様々な問題に直面している。また、工場や事務所の換気徹底など、従業員の感染予防に向けた新たな環境整備も迅速に行う必要にも迫られるようになった。

 コロナ禍のような有事においても製造現場が的確に対応していくためには、生産ラインにおける人・モノ・設備の状態をリアルタイムに把握し、迅速に改善できる環境を構築することが必要だ。これは、品質や生産性の向上、設備保全の効率化にもつながる。

 本資料では、コロナ禍対策も含め、生産現場のデジタル改革に取り組むネットワーク機器メーカーの事例を紹介する。IoTで現場のデータを収集し、それを高度に分析して可視化するDX支援システムを導入することで、素早い状況把握と、迅速かつ的確な対応を実現している。この事例を通して、変化に強いものづくりを実現するための手法を学ぶことができる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。