資料の紹介

 長時間労働に支えられたビジネスは終わりを迎えようとしている。働き方改革の一環として、残業時間が法的に規制されるようになったことに加えて、ワークライフバランスを考えて仕事を選ぶ人が増えているのだ。日本の労働人口が減っていることもあり、賃金だけでなく労働環境を良くしなければ優秀な人材を雇えない。一方で、残業代を見込んで生活設計をしている人や、残業なしでは終えられない業務量を抱える人にとっては、物理的・精神的な負担が悩みとなる。

 まず考えるべきことは、必要な残業と無駄な残業の区別だ。1人当たりの業務量を可視化し、適正な内容・量にしていかなければ、残業の削減はうまくいかない。根本的な業務改善が必要な現場では、CRM(顧客関係管理)やSFA(営業支援システム)の活用が有効な場合がある。

 本資料では、残業時間の管理に関する基本事項や、削減方法を具体的に解説する。ある企業では、営業部門の業務を効率化して情報共有をしやすくしたことで、残業時間を3割減らしつつ、受注件数は3.6倍に伸びたという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。