資料の紹介

 新型コロナウイルスの影響により、製造業でも多くの企業でリモートワークが導入された。しかし、設計・生産の現場で、従来のような現物や図面だけに頼ったコミュニケーションをしていては、社内外との調整をリモートで行うことは困難だ。

 その解決策として、実機を3Dデータに置き換えた「3Dデジタルツイン」を活用する方法がある。デジタルデータでの検証・検討を行えるようになるため、リモートワークを実現しやすい。

 本資料では、データ軽量化の技術によって容量が小さく扱い3Dデジタルツインについて解説する。3Dデジタルツインを作り上げれば、実機がなくても、設計部門と製造部門の擦り合わせをデジタルで実現することができる。きちんと組み立てられるのか、設計モデルは適切なのかといった設計や組み立て性の評価、作業性の評価、機構の検証などを実機なしで行えるという。データが軽量だと持ち運びや転送も簡単で、自宅に持ち帰ってリモート環境下で作業するのも容易になる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。