資料の紹介

 航空機メーカーが競争力を維持するためには、開発コストの削減、イノベーションの追求、高い製品品質の実現といった目標を常に実現していかなければならない。リードタイムは短く、製品価格は安く、新素材や新技術にもいち早く対応することが求められる一方で、環境と安全の基準は厳しくなっている。航空機メーカーは、こうした厳しい要求をクリアし続けながら、納期通りに出荷することが常に求められる。

 そこで鍵を握るのが、統合型シミュレーション環境の活用である。製品ライフサイクル全般にシミュレーションを活用するエンド・ツー・エンドのプロセスを導入すれば、開発プロセスを合理化できる。

 本資料では、統合型エンド・ツー・エンドのソリューションについて解説する。シミュレーションツールとデータ管理ツールを統合したソリューションによってCAD、CAE、解析でデータを共有し、設計変更時に解析エンジニアが迅速にシミュレーションを更新したり、世界各地に点在する複数チーム間でデータや結果を共有したりすることができる。これにより、開発期間の短縮と品質の向上が可能になるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。