資料の紹介

 リモートワークや働き方改革の実現、クライアント管理負荷の軽減を狙い、VDI(デスクトップ仮想化)に注目する企業が多い。課題はVDI環境を構築するITインフラ選びだ。VDIのパフォーマンスはエンドユーザーの生産性を左右するし、システム部門にとっては大きな投資になる。

 VDI環境を構築するITインフラは、大きく2つに分かれる。1つがサーバー、ストレージ、SAN(ストレージエリアネットワーク)スイッチを組み合わせる従来型の3層構成のシステム、もう1つが仮想化技術を使ってそれらを1つのきょう体に統合した「ハイパーコンバージドインフラストラクチャー」だ。

 本資料では、VDI環境にハイパーコンバージドインフラストラクチャーを利用するメリットについて、従来の3層システムと比較しながら解説している。拡張性、選択できる作成・管理方法、共有ファイル用環境、セキュリティ、I/O性能評価などについて、独自の検証結果も示しながら比較・解説する。VDI環境の構築を検討しているなら、ぜひ目を通しておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。