資料の紹介

 効率化、⽣産性向上、低コスト化、納期短縮、⼈⼿不⾜対応……。⼯場にはたくさんの課題がある。その中で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は現在の⼯場の問題点を顕在化した。製品の売れ⾏きの急激な変動や、顧客の要求の変化など、どんな事態も発⽣し得ることが明らかになった。

 未来の⼯場は、高効率・高収益にとどまらず、このような予想もしない⼤変化に対応できるスマートな⼯場であることが求められる。では、どんな技術や取り組みによって⼯場は進化し、その周辺にはどんなビジネスが⽣まれるのか――。

スマート工場に5Gの可能性

 今回、日経BPの情報収集・分析サービス「日経TechFind」を使って、スマート工場の技術トレンドや有力企業・団体などを調査した。それらの結果をふまえ、各企業の最新の取り組みや社会実装上の課題、新ビジネスの可能性などについてまとめ、「未来の工場」の姿を考察した。

 本調査では、キーワード「スマート工場」が記載されている日経BPコンテンツを抽出、コンテンツに登場する関連キーワードの出現頻度と推移を調査した。その結果、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の上昇傾向が目立ち、DXの取り組みが工場においても盛んになっていることが読み取れた。また、技術の傾向としては、「IoT」「AI」「自動化」といった定番技術とともに、「5G」が上位に食い込んできていることが分かった。今後、5Gの高速・低遅延・多数同時接続といった利点を生かしたスマート工場の取り組みが次々に登場しそうだ。

 今回の調査では、他に下記のような事項をまとめている。
●市場予測・・・・・・次世代工場を実現するハードウエア・ソフトウエアの市場規模予測は?
●要素技術・・・・・・新興国/先進国それぞれの工場のスマート化に求められる技術とは?
●企業分析・・・・・・工場のスマート化に力を入れる有力企業・団体は?
●新ビジネス・・・・・・今後、生産現場のデジタル化を後押しする6つの分野とは?

 これらの調査・分析結果は、資料「未来の工場 DXで生産を“見える化”、危機に強い対応力」(PDF)にまとめた。

(★本ページ下部よりPDFのダウンロードが可能)

情報収集・分析サービス「日経TechFind」を使い、キーワード「スマート工場」が記載されている日経BPコンテンツを抽出。そこに登場する関連キーワードの出現頻度の推移(2018~2020年)を調査し、その結果を示した。本図を含む資料「未来の工場 DXで生産を“見える化”、危機に強い対応力」(PDF)を本ページ下部よりダウンロード可能

中長期戦略の策定や新規事業の企画立案に効果的

 本調査に用いた日経TechFindは、新技術のビジネスへの活用を見通すための情報収集・分析業務を効率化するオンラインサービスである。技術分野の多角的な調査を広い視野で、しかも省力化・短時間化しつつ実現できるのが最大の強み。日経BPの10万本を超える膨大な技術系コンテンツをはじめ、2000社を超える大手および上場企業、官公庁のプレスリリース、日本の政策ロードマップに関わる白書、企業や研究機関が保有する技術資産である特許、日本が政策的に支援している研究開発の情報といった信頼度の高い技術系の専門情報を、横断的かつ瞬時に収集できるのが特徴である。今後のビジネスへの活用が見込まれる新技術のインパクトを客観的に捉えることが可能だ。事業戦略や新規事業の企画などに、ぜひ日経TechFindを役立てていただきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。