資料の紹介

 化粧品や医薬品を扱うノエビアホールディングス(ノエビア)は、サーバー群の更新時期を迎えたタイミングで、一気にクラウド化する決断をした。事業継続性の強化や“持たざる経営”への移行といった経営方針が背景にある。その一環として、ファイルサーバーをクラウドコンテンツ管理サービスに置き換え、運用管理の負荷低減、セキュリティ強化、場所に縛られない情報共有の実現を達成した。

 グループの情報基盤として活用することで、いつでもどこでも仕事ができるデジタルワークプレイス環境を構築し、ワークスタイル変革にもつなげている。例えば、ビデオ会議中の資料共有やリアルタイムの議事録作成が容易になり、リモートでも効率的なコミュニケーションが可能だ。また、複合機連携により在宅勤務中のFAX受信処理を可能にし、テレワークでは難しかった業務も自宅で行えるようになった。

 本資料では、クラウドサービスを組み合わせて、環境変化へ臨機応変に対応できる俊敏性を確保したノエビアホールディングスの事例を紹介する。ニューノーマル時代を生き抜くために、ビジネスモデルの進化が求められている今、業務変革のヒントにしてみてはいかがだろうか。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。