資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴う緊急事態宣言発令に伴い、2020年から多くの企業でテレワークの導入が進んだ。テレワーク化は、今後のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の第一歩として、従来の業務の進め方や情報共有の仕方を見直し、より効率的な組織に変革するための絶好のチャンスでもある。

 しかし、テレワーク導入企業のうち48%が「従業員を管理しにくくなった」と感じているとする調査結果もある。テレワークで発生しがちな「話や指示の意図がうまく伝わらない」「メンバーが何をしているのかわからない」といった悩み。これらを解消し、より生産性の高い組織を構築して、先行き不透明な時代の「勝ち組」になるには、どうしたらよいのだろうか。

 本資料では、数多くの企業のDXを支援し、自身も2010年からテレワークを導入、試行錯誤しながら生産性向上に取り組んできた企業の知見と経験を基にしたテレワークガイドである。テレワークを成功に導く3つのポイントを解説すると同時に、その実現を支援するクラウドサービスや導入事例についても紹介されている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。