資料の紹介

 新型コロナウイルス感染症の拡大は、世界中のサプライチェーンに大きな打撃を与えた。ある調査によると、コロナ禍の危機に対処可能だった企業は10%にすぎない。このままでは生き残りすら難しいとの危機感から、世界各国の製造業がサプライチェーン管理(SCM)の変革に着手している。

 自然災害が多い日本では、コロナ禍以外でも物理的な移動などが困難になる状況が起こり得る。そうした観点からも、SCMのデジタルトランスフォーメーションが欠かせない。その中核となるのがデータ活用とAIだ。データの一元管理とAIによる最適化を活用すれば、製造業の在庫戦略はより「Just In Time(有事の際に必要な最低限の余裕を持たせた適正在庫)」へと近づけられる。

 本資料では、次世代のSCMに求められることと、AIとデータ活用がもたらす効果を解説する。レジリエンス(回復・弾力性)の高いサプライチェーンの構築は、激変する社会状況で大きな優位性となる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。