資料の紹介

 仮想化インフラを迅速かつ容易に利用できるとして、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入が加速している。登場当初はデスクトップ仮想化(VDI)基盤など特定の用途で導入されるケースが多かったが、近年は適用範囲が大きく広がり、パブリッククラウドと併用する企業も増えている。

 HCIに求められる要件も高度化しつつある。ハイブリッドクラウド環境では、パブリッククラウドとオンプレミスで、相互に仮想マシンの移行や、バックアップ/リストアなどを行う必要性が出てくる。そうした場合に、オンプレミスのHCIとパブリッククラウドを別々に管理していたのでは作業が煩雑になり、運用負荷が増してしまう。

 本資料では、用途が広がりつつあるHCIに求められるようになった新たな要件と課題を挙げ、それらに対応するための最新のソリューションの特徴を紹介する。パブリッククラウド、HCIの統合運用管理を可能にし、設定変更や更新操作といった手作業の自動化を進めることで、作業負荷と人的ミスを大きく減らせるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。