資料の紹介

 より少ないコードで多くの効果を得るための開発基盤「ローコードプラットフォーム」の導入を検討しているものの、「標準機能だけで、どこまで作れるのか」「非機能要件をどこまで考慮しているのか」「自分たちだけで使えるのか」といったことを懸念して導入を躊躇(ちゅうちょ)している企業は多いだろう。

 シンプルなアプリケーションを簡単に作れるのは当然のこととしても、従来SIerに発注していたような高品質な業務アプリケーションを内製できるのかどうかは、気になるところだ。ワークフローや世代管理といった機能をすべて標準で備え、追加費用なしで利用できるどうかも重要なポイントとなる。

 本資料では、独自アプリケーションを内製したい企業向けのローコード開発プラットフォームを紹介する。開発の要となるモデル設計のほか、ユーザーインタフェース、非機能要件などについて、画面例を交え具体的に説明する。ワークフローや世代管理などの標準機能も分かりやすく示してあり、「どこまで追加料金なしで作れるか」の判断に役立ちそうだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。