資料の紹介

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性が声高に叫ばれる中で、DXをなかなか実現できていない企業も少なくない。DXが進まない理由の一つに人材不足がある。既存システムの運用や保守、更新にリソースを取られているIT部門では、DX推進のための新たなシステム開発に人材を割くのは難しいのが現状だ。

 そこで、より少ない人材でアプリ開発ができるとして注目されているのが、ローコード開発プラットフォームだ。しかし、従来とは異なるアプローチでアプリを開発するローコード開発には、どのようなマインドセットとスキルセットを備えた人材が必要になるのだろうか。さらに、新技術導入において噴出しがちな異論にはどう対応すればよいのだろうか。

 本資料では、ローコード開発チームを編成する際のポイント、社内外での人材採用や編成したチームの立ち上げ、チームが成果を上げる方法について詳しく解説。あわせて、開発者のスキルレベル評価の指針と求められるコンピテンシー、さらに、候補者を選定するための職務記述書のテンプレートと演習問題のサンプルも収録している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。