資料の紹介

 自動運転車の開発や工場のスマート化など、自動車産業では様々な領域でAI(人工知能)の導入が進んでいる。自動運転の実現に向けては、センシング対応など、複雑かつ高度な技術を支援する形でAIが活用されている。一方で、工場の安全対策や熟練工の技術継承といった以前からの課題解決に向けても、AIを導入した取り組みが進んでいる。

 一口にAIの導入といっても、AIを一から開発する方法、開発環境の用意するGUIなどを使ってコードを書かずに開発する方法、既に完成されたAIや半完成品のAIを流用する方法など、様々な手段がある。では今、目の前にある課題を解決するためには、どのようなAI開発サービスを適用すべきだろうか。

 本動画では、AI導入に関する疑問に答えるべく、AI開発サービスを使った様々な手法について紹介する。また、自動車産業の生産現場での取り組みとして、画像認識や音声認識のAIを活用したボディー表面塗装の異常検知、組み立てラインの広域検査、組み立て作業の工程分析による技術継承などの事例を紹介している。システム自身が試行錯誤しながら最適なシステム制御を実現していく強化学習適用に向けたデモ動画も見ることができる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。