資料の紹介

 製造業の世界でも、人手不足が大きな課題になっている。その課題解消の切り札として期待されるのが、デジタルトランスフォーメーション(DX)だ。工場内のあらゆる設備や機器をインターネットでつなげたスマート工場で、各工程から得たデータを一元管理、分析・活用することで、製造プロセスの改善、品質や生産性の向上を実現しようというものだ。

 ところが実際に工場のスマート化に取り組もうとすると、様々な課題が立ちはだかる。その1つが検査工程のデータ化だ。特に目視検査をデータ化するためには、高度な画像処理の知識などが必要になるため、デジタル化のハードルが高い。そのため、人手に頼る工程が残ることになり、リアルタイムにデータを取得し、フィードバックするというDXのプロセスから取り残されてしまう。

 本資料では、ディープラーニングを用いて目視検査プロセスを自動化するソフトウエアについて解説する。あらかじめ決めたルールに沿って合否判定を行う従来の画像処理とは異なり、良品・不良品の画像を集め、画像にラベリングをすることで学習させることが可能だ。ディープラーニングによって目視検査工程をデータ化できれば、リアルタイムのデータ取得が可能になり、工場のスマート化が加速する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。