資料の紹介

 社会情勢の変化や、ワークスタイルの変革、技術革新などに伴い、業務に最適なパソコンの姿は変化していく。今後は、リモートワークに適したパソコンが次々と導入され、さらに5Gや最新無線LAN技術に対応したパソコンが生産性を大きく向上させていくだろう。これらの状況を踏まえて企業は、職場のパソコンを何年サイクルで買い替えるかについて、改めて考える必要がある。

 パソコンは「長く使い続けるほど得」と思われがちだ。しかし、年2回の大型アップデートがあるWindows 10の存在に加え、リモートワークの時代に買い替えを抑制し過ぎると、従業員の利便性や生産性を大きく損なう可能性がある。職場に先進的な業務環境を求める学生や社会人も、これからますます増えるだろう。

 本資料では、パソコンの適正な買い替えサイクルについて考察し、買い替えに潜む3つの課題と解決策を解説したうえで、中小企業向けPCレンタルの1カ月無償トライアルサービスを提示する。IT管理に要員を割くことが難しい中小企業においては、パソコンをサービスとして利用し、運用を含めて外部に任せるレンタルも有望な選択肢となる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。