資料の紹介

 人工知能(AI)は、5~10年後には我々の社会に定着している可能性が高い。先を見越して、今すぐにAIの導入を開始し、問題解決のノウハウを蓄積していかないと、時代に取り残されてしまう。そうならないためには、いち早く小さなPoC(概念実証)を行い、失敗と成功を繰り返しながら経験を積む必要がある。

 しかし、多くの企業がPoCで壁にぶつかっている。その要因として、時間や費用がかかりすぎることがある。PoCを外注する場合でも、社内の業務上の課題解決に必要な知識の共有がなければ、適切なシステム開発は難しい。内製する場合も、AI開発に必要な数学的知識やプログラミング技術習得などに多くの時間を要する。こうした悩みの解決策となり得るのが自動機械学習(AutoML:Automated Machine Learning)だ。機械学習に必要なデータの加工やモデルの作成、運用までを自動化し、プログラミングなしにAIモデルを構築できる。

 本資料では、自動機械学習を活用し、短期間・低コストでAIモデルを作成する手法を紹介する。プログラミングなしにAIモデルを作成し、運用できるという。導入を支援するプラットフォームなどの具体的な情報も得られる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。