資料の紹介

 サプライチェーンのグローバル化が進み、注文から納品までのプロセスは多様化、複雑化が進んでいる。最近では、新型コロナウイルスの感染拡大によるロックダウンなどで、世界中の消費者がEC(電子商取引)を使うようになった。その流通量は増加し続ける一方で、管理は難しくなってきている。

 「注文した商品の配達が遅れる」「商品の配達状況を追跡できない」「届いた商品に破損がある」といった問題が発生すれば、顧客はちゅうちょなく競合他社に乗り換える。逆に商品を完全な状態で、時間通りに破損なく、しかるべき伝票と共に届けることができれば、顧客満足度が向上すると同時に、売り上げも増加する。市場でのシェアも拡大し、競争優位性も向上する。

 本資料では、受注から納品に至るまでの管理の重要性を説明するとともに、クラウド型サプライチェーン管理を活用した配送の仕組みについて解説する。注文から納品までのプロセスを簡素化し、配送作業を合理化することで、世界情勢の変化にも柔軟に対応できる。問題発生時の回復力も高まり、リスクを最小限に抑えられるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。