資料の紹介

 顧客が企業やブランド、商品に対して持つ信頼や愛着の度合いを示す「顧客ロイヤルティー」。消費者の購買行動に大きな影響力を持つ指標だ。このスコアが低下した場合には、企業はその商品やサービスやブランドイメージの改善に向けて、原因を究明し、対策を講じる必要がある。

 顧客ロイヤルティーを低下させる原因として、サプライチェーンが大きく関わっていることが最近分かってきた。例えば「注文したものが予定日に届かない」ことが続けば、信頼は失われる。こうしたデリバリー問題の一因として、サプライチェーンのグローバル化などにより管理が複雑になったことが挙げられる。顧客ロイヤルティーを改善するには、より強固な新しいサプライチェーンの実現が必要となる。

 本資料では、優れたデリバリーシステムを構築するために何をすべきか、世界規模の市場調査結果に基づいた提言を紹介する。最新のクラウド型の分散オーダー管理システムなどを導入しながら、最終的には経費節減や投資利益率(ROI)向上につながる改善提案となっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。