資料の紹介

 新型コロナウイルスの影響によって、不動産業界でもオンライン化の流れが加速している。感染症拡大防止につながるだけでなく、自宅から気軽に内覧や打ち合わせ、相談ができる。重要事項の説明も受けられる。賃貸取引に限った書類の電子交付についても社会実験が始まり、完全に実施されれば紙なしに契約書を交わすことも可能になる。遠方から引っ越す予定の人にとっては特に利便性が高い。

 そこで必要になるのが、対面に近いコミュニケーションの実現だ。電話やメールに加えてWeb会議ツールを活用することで、顧客の安心感は高まる。その結果、顧客からの信頼獲得にもつながる。

 本資料では、不動産業界のオンライン対応について、Web会議ツールに関する内容を中心に解説する。例えば、営業担当者が賃貸物件からビデオ通話を接続することで、顧客は現地に行かなくても、自宅にいながら物件の様子や情報を内覧できる。不動産売買やリフォームでは図面を確認しながら相談を進める必要があるが、これもオンラインWeb会議ツールを利用すれば非対面で話を進められるようになる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。