資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大により、Web会議ツールなどを使ったオンライン授業を実施する教育機関や企業が急増している。しかし、環境整備に始まり、授業の準備、受講者の「やる気」の維持、授業前後のフォローなど、実際どのように進めたらスムーズに授業ができるのか、模索している教育関係者も少なくないだろう。

 急きょ、対面からオンラインへの切り替えを余儀なくされた学校などでは、授業の動画をWebで配信するだけにとどまっているところも多い。このような一方通行のオンライン授業では、対面授業とのギャップ、通信環境の問題による学習効率の悪化、受講側の状況が把握できない、といった問題が起きやすい。

 本資料は、オンライン授業に取り組む際に注意すべき点や、効果的なオンライン授業を実現するためのポイントを簡潔にまとめたもの。環境整備にあたりチェックすべき点や、オンライン授業ならではの工夫についても解説。最後に、国内外で広く使われているWeb会議ツールの使い方を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。