資料の紹介

 コロナ禍でテレワーク体制へ移行せざるを得なくなった企業の最も大きな課題は、セキュリティを確保しつつ、いかにして最短で在宅勤務環境を構築するかということだ。複数のセキュリティ機能をひとつのハードウエアに統合した、UTM(統合脅威管理)製品の導入を検討する企業も多いだろう。

 ただし、様々な脅威に対抗できると言っても、機能の組み合わせや性能は製品によって異なる。そのため、製品を選択する際には、自社に必要な機能を網羅しているかどうか、しっかりチェックしたい。また、通信のスループット値が十分でないと、データ転送の遅延やインターネットの速度低下が起こり、業務効率の低下につながる。

 本資料では、従来品に比べ、スループット値を1.5~5倍に改善したという最新のUTM製品について、特徴や強化点、主な仕様をまとめている。各種設定を単一画面から管理できるようにしたほか、セキュリティポリシーの統合管理や、スマートフォンからの基本設定といった機能により、運用管理者の負担軽減も期待できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。