資料の紹介

 コロナ禍で在宅勤務を導入する企業が増えた結果、厳しい状況に直面しているのがIT部門だ。移行時には、在宅勤務に慣れない従業員からの問い合わせが多発した。また、在宅勤務のセキュリティをどう守るのか、なかなか解決しきれない課題になっている。

 例えば、従業員のITスキルにばらつきがある。VPNを用意したとしても、VPNクライアントや二要素認証をうまく扱えるかどうかは従業員によって差がある。また、家庭内のネットワーク機器は従業員ごとに異なる。トラブルが発生した際、問題を切り分けるのが難しく、交換が必要になったとしてもIT部門がオンサイトで対応するのはまず不可能である。

 本資料では、在宅勤務によって企業のIT部門が直面している5つの課題を取り上げ、その解決策を提示する。いずれも、テレワーク導入後、IT部門がサポートやセキュリティ対策に奔走しなくても済む対策となっている。導入後の運用まで見据えた、安全なテレワーク環境の構築方法として参考にしたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。