資料の紹介

 多くの企業がいま、ビジネスプロセスの再構築に着手している。社会/経営環境の急激な変化に対応しつつ、短期間で顧客に価値を提供する仕組みを確立するためだ。業務プロセスの現状を分析し、手作業や単純作業を可能な限り排除して合理化を進める、といった取り組みが進んでいる。

 しかし、業務プロセスを合理化するために、多くの工数と時間を費やすようでは本末転倒になりかねない。そこで注目されているのが、マウス操作だけで使える開発ツールや、ソフトウエア製品などを活用して、できる限りコードを書かずに短期間でアプリケーションを開発する「ローコード開発」である。

 本資料では、急激な変化に見舞われている企業にとって、今なぜローコード開発が重要なのか、ローコード開発が企業の課題をどのように解決に導くのかについて、業務の自動化、臨機応変に変更できる動的なユーザーエクスペリエンスの実現、セキュリティとコンプライアンスの確保、の3つの観点に沿ってまとめている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。