資料の紹介

 2020年、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中の企業や組織に引き起こした最大の変化の1つが、在宅勤務への急速な移行である。多くの従業員のワークスタイルが激変した結果、IT部門には多くの課題が、サイバー攻撃者にはチャンスの拡大がもたらされた。

 企業のセキュリティ担当者は、VPNの不具合による労働生産性の低下を食い止めるなど、ニューノーマルへの対応に忙殺された。一方で、在宅勤務の従業員を標的としたサイバー攻撃者が急増し、DDoSやフィッシング、精巧で巧妙なランサムウエア、より巧妙な標的型攻撃などが蔓延した。

 本資料では、2020年に起きた重大インシデントや社会情勢の変化を振り返りながら、2021年にサイバー攻撃者が起こしうる動きを予測し、そのリスクがどこに存在するかを解説する。脆弱な家庭のネットワーク環境のほか、中小企業も攻撃の足掛かりにされるリスクが高いと指摘、対策の要点を示している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。