資料の紹介

 これからの日本は、少子化などによる生産労働人口の減少が深刻になり、優秀な人材の確保がますます難しくなっていく。こうした状況では、社内にどのような人材がいるかを常に把握し、無駄なく配置をする必要がある。さらに、労働時間などを正しく把握して、働き方改革を推進するといった取り組みも欠かせない。

 実際、人事情報をデジタル化し、いつでも意思決定に活用できるよう人事情報システムの導入を検討する企業は少なくない。ところが、いざ専用のシステムを導入するとなると、相応の費用や時間がかかるうえに、操作が複雑で使いこなせないケースもあるなど、ハードルは高い。

 本資料では、「人事情報があちこちに分散」「必要な指標がすぐ出せない」「Excelでの集計が大変」など、人事データ活用の悩みを解消するためのアプローチを簡潔にまとめている。あわせて、星野リゾートやメルカリなどに採用されている、データ入力/更新や各種指標の算出を省力化するクラウド型人事ソフトの特徴と導入実績も紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。