資料の紹介

 現在の企業にとって、データは重要な資源だ。多くの企業が取り組んでいるデジタルトランスフォーメーション(DX)でも、データ活用は欠かせない。ところが、現実に企業がデータ活用をはじめると、すぐに課題に直面することになる。

 まず、データはオンプレミスやクラウドなどの様々なシステムに分散しているため、集めることが難しい。仮に集められても、データの種類や形式がバラバラだと分析は困難だ。また、データを分析するには統計学などの専門スキルが求められる。さらに、分析結果を多くの関係者に分かりやすく共有し、具体的なアクションにつなげていく難易度も高い。

 本資料は、データ活用における課題を1つのプラットフォームで解決する方法を解説する。分散したデータを集約・統合・変換し、専門知識がなくても分析可能にする。分析結果を分かりやすくアウトプットし、具体的なアクションにつながるアプリケーション作成もできる。加えて、既存のデータウエアハウスやBIツールはそのまま使えるという。データドリブンを目指す企業なら、ぜひチェックしたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。