資料の紹介

 工場/プラントで使われる産業機器では、電圧、電流、温度、圧力、充填レベルといった電気的・物理的データを収集するDAQシステム(Data Acquisition System)が重要な役割を果たす。このDAQシステムで測定された物理データ(アナログデータ)を、A-Dコンバーター(ADC)でデジタルデータに変換し、プロセッサーで様々な処理をする。

 高精度のDAQシステムを実現するには、ADCだけでなく、ADCに入力信号を供給するドライバー回路の性能も十分に考慮する必要がある。様々なセンサーが混在するDAQシステムにおいて、高精度な計測を可能にするADC用ドライバーとして、プログラマブルゲイン計装アンプ(PGIA)が多く採用されている。

 本資料では、優れたDC精度、ノイズ性能、ひずみ性能によって、高精度のDAQシステムの開発を支援するプログラマブルゲイン計装アンプについて解説する。センサーの性能を引き出す高精度のADC駆動に向けた回路例なども紹介する。さらに、産業用の開発サポートツール類やサポートコミュニティーなどの情報も得ることができる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。