資料の紹介

 高度化・複雑化するサイバー脅威に対抗するため、企業は様々なセキュリティ製品を導入している。最近はテレワークの拡大で社内/社外の境界を防御する境界型のセキュリティ対策から、侵入を前提とした対策へとシフトしつつある。そこで不可欠なのが、様々なセキュリティツールから出力されるログやアラートを収集し、リアルタイムに監視して異常を検知する仕組みだ。

 しかし現実には、大量のデータを分析して迅速かつ有効な対応を取るには高度なスキル・経験が求められる。それを遂行できるエキスパートの採用・育成は難しく、セキュリティチームは慢性的なオーバーワークとスキル不足に陥っているのが現実だ。

 本資料では、セキュリティチームを補強するAIアナリストの活用を提案する。この仕組みを使うと、疑われる脅威について自動トリアージが可能で、リポートまで自動作成できる。セキュリティチームはサイバー攻撃のスピードに追いつくことができ、より戦略的なタスクに注力できるようになる。AIと人間それぞれの強みを掛け合わせた最先端のセキュリティ対策の実力と有効性を、ぜひ確認したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。