資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、テレワークを始めた企業が増えた。情勢に応じて企業の対応に変化はあるものの、アフターコロナにおいてもテレワークは広がり続けるだろう。

 柔軟な働き方を希望する従業員が増えていることもあり、企業には、テレワークとオフィスワークのハイブリッド環境を整え、新たな働き方を確立することが求められている。同時に、ワークスタイルの変化が引き起こしうる課題についても考慮しなければならない。変化に柔軟に対応できない場合、従業員の業務効率やコミュニケーション、健康、管理者による評価などで問題が発生する危険性がある。そこで、ワークスタイルを可視化する仕組みが重要になる。

 本資料では、従業員のワークスタイルやモチベーションの変化をモニタリングする方法と、マネジメント側が抱える課題の解決方法について紹介する。テレワークを進める中で、ある部門のモチベーションが下がっているとき、どのように原因を突き止めるのか。ツールとデータの活用手法や、改善アクションについて解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。