資料の紹介

 3Dプリンティング技術を活用し、樹脂や金属粉末などの材料を付加していくことで成型を行うアディティブ製造(Additive Manufacturing:AM)。他の手法では難しい複雑な3次元形状の加工を容易に実現できる製法として注目され、量産現場でも活用が始まっている。

 特に金属3Dプリンターを使った製造プロセスでは、材料となる金属粉末の酸化や吸湿を防ぐ目的から、様々な雰囲気ガスや局所シールドガスが使われる。しかし、ガスの純度や種類によっては、造形物の強度などに影響を及ぼしてしまう。品質劣化を防ぐためには、適切な環境の構築が必要となる。

 本資料では、金属アディティブ製造の課題に対する、産業ガスメーカーならではの解決策を紹介する。また、従来の3Dプリンターでは造形が難しいとされてきた、高アスペクト比の構造や内部まで工具が届きにくい構造にも対応する、最新の金属3Dプリンターの情報も得ることができる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。