資料の紹介

 機械の故障による予期せぬ製造ラインの停止。ラインの切り替えや立ち上げ時に、稼働を安定させ、軌道に乗せるまでにかかる時間。これらは生産効率の低下を招き、大きな損失につながる。

 その対策として期待されるのが、3Dプリンターによる高強度積層造形(Additive Manufacturing:AM)の導入だ。高強度積層造形では交換パーツや保守用工具を短時間で製作できるため、ライン停止時間を最小限に抑えられる。カスタム調整やキャリブレーションのための治具も製作も容易で、ラインを一定水準に乗せるまでの期間を短縮することができる。

 本資料では、3Dプリンターによる高強度積層造形を製造ラインへ導入する方法について解説する。実際に導入した工場の実例や製作した工具・治具の具体例を紹介するとともに、生産工程の分析や対象機器の明確化といった、導入に必要な作業について説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。