資料の紹介

 現在では、ほぼすべての企業がITシステムのクラウド化を進めている。急速に進化するビジネス環境に適応し、コストを最適化して新しいソリューションを提供するためだ。多くの企業がクラウド利用を開始したことで、それが失敗するパターンも分かってきた。

 例えば、「コストの肥大化」がその1つだ。米国で実施されたある調査によると、2019年にはクラウド支出の3分の1がムダになっているという。「セキュリティ戦略が欠如したクラウド戦略の立案」という失敗もある。データの適切な管理ができず、リスクがある状態を放置してしまう状況だ。

 本資料では、クラウド活用で失敗しがちな6つのパターンを詳しく解説している。コスト、アーキテクチャー、セキュリティ、ツール戦略などその内容は多岐にわたる。クラウド活用を検討している企業はもちろん、既にクラウドを活用している企業もぜひチェックしてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。