資料の紹介

 ITとデジタルデータを活用して、業務プロセスを改革し、継続的な品質向上や生産性向上を実現するスマートファクトリー。大量のセンサーで人や機械の動作をモニタリングして、作業の自動化や遠隔からの運用管理を実現する。

 現在、製造業のスマートファクトリー化はどの程度進んでいるのだろうか。日本の製造業に携わる約1000人にアンケートを採ったところ、その約8割が「スマートファクトリー化が進んでいない」と回答したという調査がある。なぜ、スマートファクトリー化が思うように進まないのか。そもそも、企業がスマートファクトリー化で実現したいものは何なのか。

 本資料は、製造業のスマートファクトリー化の実態をまとめた報告書である。大企業から中小企業まで、様々な企業の様々な役職を持つ人にアンケートを実施し、セグメント(企業規模、役職)ごとにまとめた調査結果を紹介する。自社と同規模の企業や、自分と同等の役職の人が、どのようにスマートファクトリー化を進め、どのような課題に直面しているか。そうした情報が得られる資料となっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。