資料の紹介

 数十年も使い続けている設備、労働人口の減少による人材不足、新型コロナウイルスの感染拡大、異常気象……。厳しい事業環境を乗り越えるために、日本の製造業やプラントの現場には、経済性と安全性を両立した持続可能な事業運営が求められている。

 そこで注目されているのが設備保全のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進だ。保全DXは、現場でのIT活用にとどまらず、保全業務と先端のIT技術を融合させ、保全業務を変革することを意味する。保全DXの実現に向けて目指すものの1つが、設備の遠隔監視・遠隔点検を実現可能にするデジタルツインである。保全現場をデジタル空間上で再現するためには設備の状況や管理方針を正しく把握し、継続的に管理する基盤を整えることが重要だ。

 本資料では、保全DXを推進したい企業向けに、デジタルツインの推進策としての設備管理・保全システムの刷新について紹介する。具体例として、石油精製、セメント製造、総合エンジニアリングなどに携わる国内企業での導入事例を紹介する。保全業務のシステム化や効率化だけではなく、予知保全に向けたPDCAサイクルの確立やデータの活用まで一貫して支援するという。

 

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。