資料の紹介

 企業を悩ませるサイバー攻撃の中でも、特に悪質かつ多くの被害が発生しているのが、組織内のデータを暗号化し、「元に戻すには身代金を支払え」と要求してくるランサムウエアだ。最近はデータを暗号化するだけでなく、「身代金を支払わないとデータを公開する」と脅迫するケースも増えている。

 ランサムウエアによる脅迫を受けたとき、企業は重大な決断を迫られる。データのバックアップがあり、復旧できるならそこまで大きな問題にはならない。しかし、それが不可能なとき、身代金を支払うのか、支払わないのかを決めないとならない。ただ、支払ったとしても、攻撃者はデータ復号に応じないかもしれない。

 本資料は、ランサムウエアの被害に遭った企業が直面する、身代金を支払うべきか否かの問題を正面から取り上げる。身代金を支払うことは違法なのか、倫理的に問題はないのか、支払わなかったらどうなるのか、逆に支払ったらどうなるのか、知っておきたいポイントを網羅している。万が一のとき慌てないためにも、本資料を通じてシミュレーションをしておきたい。

 

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。