資料の紹介

 ファイルをメールで送る際に、パスワード付きのZIPファイルに圧縮し、パスワードは別メールで送付する――。こうしたファイルの送信方法は「PPAP」と呼ばれ、日本で広く利用されてきた。しかし、政府が2020年11月、「セキュリティ対策や受け取り側の利便性の観点から適切ではない」ことを理由に、中央省庁での利用を廃止すると発表したことから、一般企業でも禁止に向けた動きが加速している。

 では今後、メールでファイルを送信する際には、どのような手段を使えばよいのだろうか。現場からは、セキュリティはもちろん、誤送信に対しても万全の対策を備え、しかも大量・大容量のデータを効率よく送信できる環境を求める声が強い。また、導入時の研修が不要で、直観的にすぐ利用できることも重要だ。

 本資料では、パスワード付きZIPファイルの運用廃止を可能にするビジネス向けファイル送受信システムについて紹介する。セキュリティと利便性を強化し、しかも誰もがすぐに導入できるようにしたという。クラウド版とパッケージ版の2種類があり、さらに手ごろな価格の小規模ライセンス版など、利用規模や用途に合わせて様々な製品を選択できるとする。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。