資料の紹介

 送りたい資料をパスワード付きzipファイルとして暗号化し、メールに添付。「PPAP」とも呼ばれるこの方法は、一見安全そうに思えるが、解凍するためのパスワードを、同一経路の別メールで送信してしまうと、セキュリティ的に意味をなさなくなる。

 平井卓也デジタル改革担当相は、2020年11月17日の定例会見で、中央省庁の職員が文書などのデータをメールで送信する際に使う「パスワード付きzipファイル」を廃止する方針を明らかにした。この動きはいずれ民間にも波及すると見られ、PPAPの廃止とともに、ファイル送信のセキュリティ対策に本腰を入れる企業が増えてきている。

 本資料では、PPAPの代替策を模索している担当者向けに、解決すべき課題を整理したうえで、代替手段の一つとして、金融機関を中心に国内の多くの企業に導入されているファイル転送/共有サービスを紹介する。多くのセキュリティ対策機能、メール添付に似た操作感などの特徴のほか、国内での導入実績も示している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。