資料の紹介

 企業にとって、データを分析してビジネスに役立てることはもはや“当たり前”である。大量かつ多種多様なデータを蓄積し、効率的に分析して価値を引き出すことが企業の競争力を左右する。そこで活用されているのがクラウドである。ある調査によると、企業などの組織の48%がすでにクラウドベースの分析システムを使用しているという。

 とはいえ、クラウドだけを使っている企業は少ない。多くの企業は、クラウドとオンプレミスを組み合わせ、目的に合わせて使い分けている。大量のデータを四六時中分析している企業の中には、クラウドからオンプレミスに戻しているところもあるという。

 本資料は、データ分析を支えるインフラである「クラウド」「オンプレミス」「マルチクラウド」に焦点を当てて解説したレポートだ。これらを、どう組み合わせるのがよいのか、また組み合わせを変えても最適なデータ分析を実現するにはどうすればよいのかを、論理的かつ客観的に考察している。データ分析プラットフォームに最適なアーキテクチャを考える際の論点を整理し、重要な視点を与えてくれるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。