資料の紹介

 快適で安全なリモートワーク環境を実現できるソリューションとして、VDI(仮想デスクトップ)はこれまでも多くの企業に導入されてきた。さらに、新型コロナウイルス対策としてテレワークが常態化しつつあるいま、VDIは以前よりも幅広い業務でかつ長時間利用されるようになっている。

 その結果、VDIを支えるインフラとして注目が集まっているのがハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。サーバーとストレージが一体化し、台数を増やすだけでリソースやパフォーマンスをリニアに拡張できるHCIは、もともとVDI用のインフラとして高く評価されていた。さらに、ソフトウエアの自動更新で性能が自動的に強化され、ハードウエア交換に伴う移行作業から解放されるメリットも大きい。

 さらに最近は、デザインや設計・開発、データ分析などの業務でも利用できるように最新のGPUを搭載し、仮想マシン間の通信を制御する高度なセキュリティ機能を備えたHCIも登場している。本動画では、HCIを活用したVDIの最新情報を分かりやすく解説する。テレワークの拡大でVDIの導入を検討しているなら、ぜひチェックしたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。