資料の紹介

 2020年から続くコロナ禍によって、以前は一部のユーザー向けに提供していた在宅勤務の環境を、全社員に広げる企業が増えている。こうした企業の間で、パフォーマンスやセキュリティなどの観点から注目されているのが、VDI(仮想デスクトップインフラ)である。

 しかし、従来のVDIは決して扱いやすいものではなかった。多くの管理用サーバーからなるインフラを設計し構築する必要があるために導入プロジェクトが長期化しやすく、導入後には運用・保守にコストと手間がかかる。加えて、数年おきに発生するバージョンアップへの対応も必要だ。

 本動画では、VDI向けインフラの有力な選択肢として、HCI(ハイパーコンバージドインフラ)とクラウドを組み合わせたハイブリッドソリューションを提案。そのメリットやよくある構成例、問題解決事例などを紹介する。CPUリソース不足、Web会議での音声品質の悪化、といった問題の解決法が確認できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。